第41回札幌マラソン

2016.10.03 Monday

0

    ハイチエイジェント代表の鷹野公弘です。

     

    今シーズン、たぶん最後の大会となるだろう札幌マラソンを昨日走ってきました。

     

    じつはこの大会、市民マラソンとして北日本最大級の大会ということで、ハーフで7000人、10キロや5キロの参加者を合わせると12000人弱と、北海道マラソンに次ぐ大会なんです。

     

    コースは、真駒内スタジアム前の五輪通をスタートし、中の島、すすきの、大通公園と公道を走り、大通公園9丁目と10丁目(なんとハイチ社前の交差点)を転回し、12キロ地点からは豊平川河川敷を走り、真駒内スタジアムに戻るというもの。

     

    このコース、前半10キロはスタートから緩やかな下り坂となっているため、とても気持ちよく走ることができます。

    また、北海道マラソンのコースと一部重複した公道を走るため、沿道の声援もあり普段よりペースが上がることも…。

     

    しかし、後半はひたすら緩やかな上り坂が続き、いかにタイムを維持できるかが重要なポイントとなります。

    そして、ゴール前の真駒内公園内の3キロは、高低差のある上りがあり最後の精神力が試されます。

     

     

    そんな私の今回の記録は?というと、1時間37分44秒。

    じつは、北海道マラソン以降股関節の痛みが取れず、ほぼ走れない状況での参加となりました。

     

    そのため、なんとか前半は北海道マラソンのタイムとおなじ位で入り、痛みがでた時点でペースダウンをと思いスタートしました。

    でも、走り始めてアドレナリンが出てきらた、痛みも普段より感じずに走り切ることができました。

     

    北海道マラソン以降、まともに練習していないことを考えると、妥当なタイムかな…。

     

    そして、これからが本格的なマラソンシーズンとなりますが、北海道は雪がふるためこの時期(10月)が最終としているランナーの方も多いです。

     

    私自身も、この大会以降エントリーしていないので、この大会で終了かな。

    まずは、ゆっくりと身体を休め、来シーズンへ向け練習を始めたいと思います。