ムンクの叫び

2017.03.06 Monday

0

    ハイチエイジェント代表の鷹野です。

     

    最近、いろいろなことがありバタバタしております。

    そのため、ブログで書こうと思ったことを週末に書こうと思っているうちに忘れてしまったり…

    そして、いざ書こうと思っても文章が出てこない(笑)

     

    そうしているうちに、ブログを書く気にならない症候群に。

    でも、見てくれている人もいるのでマイペースで続けていきたいと思っています。

     

     

    ってことで、今週は昨日パラパラと見た本から…。

     

     

    オスロ国立美術館所蔵の「ムンクの叫び」

    両頬に手をあて、なんとなくゆがんだような画。

    パロディ等を含め、誰もが一度はみたことがあると思います。

     

    「叫び」という作品名から、私自身叫んでいる画と思っていましたが、じつは叫んではいない。

    あの画は、ムンクが幻覚として聞こえる叫びや不安に対して、怯え耳をふさいでいる姿ということだそうです。

     

    そう言われると、叫びに慄いて耳をふさいでいるように見える。

     

    なるほど。皆さん知っていましたか?

    この歳になっても、言われないと知らないことがまだまだ多いですね。

    関連する記事