小樽観光

2017.09.10 Sunday

0

    ハイチエイジェント代表の鷹野公弘です。

     

    9月に入り気温が一気に下がった気がします。

    そのため、日中でも半袖ではなんとなく肌寒く羽織るものが必要な感じですね。

     

    そんな過ごしやすい気温と、天候に誘われ久しぶりに小樽までドライブしてきました。

     

    まず最初に来たのは天狗山。

    冬にスキーで訪れたことはありますが、夏に来るのは何年振りだろう…。

    夏は、山頂まで車で上がれると聞き、山道を登ること10分程度。

    小樽港を始め市内が一望でき、またエゾリスと触れ合えるスペースもあったりと、意外に楽しめる。

    小樽運河をはじめとする観光地は大勢の観光客で賑わっておりましたが、ここ天狗山は閑散とした状況。

    今回は日中でしたが、夜に来たら夜景も見れるしもっと小樽市も観光地として売り出せばいいのに。

    地元の方に聞いたら、花火大会の日に山頂から見る花火はまた違った風情があっておすすめとのことでした。

     

    その後、やっぱり市内の観光地を回ってオタモイ海岸へ。

    ここオタモイ、小樽市で唯一のカタカナの地名なんだとか。

    しかも、昭和初期にはオタモイ遊園地という施設があったそうです。

    断崖絶壁に海に突き出るような形で「龍宮閣」という料亭、相撲場などの施設があり最盛期には1日数千人の人が訪れ賑わったといわれています。

    しかし、昭和27年に京都清水寺を凌ぐと言われた「龍宮閣」が火災で全焼。

    その後、復旧されることなく閉鎖されたそうですが、写真などの資料を見ると「千と千尋の神隠し」に出てきそうな場所でした。

    今はがけ崩れなどで跡地まで立ち入ることはできないようですが、その昔小樽の繁栄を思わせる夢の址でした。

     

    小樽は何度も訪れていますが、まだまだ知らない場所や歴史がいっぱいですね。